トップ お買い物の流れ SHOP紹介 支払・配送について 返品について カートを見る




歌謡曲歌い方上達法 > カラオケのロングトーンとは何?コツと練習曲を紹介します。

カラオケのロングトーンとは何?コツと練習曲を紹介します。

ロングトーンで歌うボーカリスト

カラオケのテクニックの一つがロングトーンで、採点マシーンでロングトーンが加点項目になっていたりもします。

カラオケが上手いとされる人の見せ場でもあるので、ロングトーンを使いこなしてカラオケ上手になりましょう。

ロングトーンって何?

ロングトーンとは一つの音を長く伸ばすという歌唱方法です。

音程がぶれることなく、安定した声量で声を出すことができるのがよいロングトーンです。

上手にロングトーンをするためには、腹筋でしっかりと声を支えた腹式呼吸の発声ができなくてはなりません。

息のコントロールがしっかりとできることや、十分な声量があることも必要です。

ロングトーンと似ている歌唱方法にビブラートがありますが、ロングトーンとビブラートの違いは、声が震えるかどうかです。

ビブラートは、音を長く伸ばすという点はロングトーンと同じですが、ただ伸ばすのではなく、あえて小刻みに音程を震わせて情緒を出します。

音程がぶれているのではなく、ニュアンスを出すためにわざと揺らすというテクニックです。

ロングトーンをマスターするならば、ビブラートもできるようにして、音を伸ばす際にどちらの歌唱法を使ったらより曲のイメージを表現できるのかを考えて使い分けられるとよりよいですね。

ロングトーンはどうやったらできるの?

ロングトーンが上手くできない人は、基本的な発生方法ができていない可能性があります。

きちんと身につけたい場合は、音楽教室やボイストレーニングに通って教えてもらう方法もありますが、基本的には同じ音を長く伸ばすだけでOKです。

太めの声ではっきりと発声をすると、インパクトがあってキレイなロングトーンになります。

よくありがちなのが、音程が不安定となったり、途中で息切れをしたリ、かすれて声が続かなくなったりするケースです。

どれも、声をしっかりと出せていないことが原因です。

喉だけで声を出していると、長さ・太さ・音程などをコントロールすることが難しいので、基本的な腹式呼吸方法を身につけると、ロングトーンはできるようになります。

ただし、人にはそれぞれ声が出せる音域に限りがある為、自分にとってキツイ音をロングトーンで出そうとしても無理なものは無理です。

高音であれば、少しは音域を広げることはできるので、音域を少しづつ広げるところからトレーニングする必要があります。

ロングトーンの練習曲のおすすめ

ロングトーンを練習したり、カラオケで披露したりするのにおすすめの曲をご紹介します。

  • 「粉雪」レミオロメン
  • 「桜」コブクロ
  • 「花火」三代目J SOUL BROTHERS
  • 「Nobody’s Home」ONE OK ROCK
  • 「鱗」秦基博
  • 「虹」L’Arc-en-Ciel
  • 「高嶺の花子さん」back number
  • 「ワタリドリ」Alexandros
  • 「千の風になって」 秋川雅史
  • 「home」木山裕策
  • 「あの紙ヒコーキ くもり空わって」19
  • 「edge」鬼束ちひろ
  • 「長い夜」松山千春
  • 「つばさ」本田美奈子
  • 「everything」MISIA
  • 「さよならの代わりに」JUJU
  • 「天城越え」石川さゆり
  • 「津軽海峡冬景色」石川さゆり

原曲ではロングトーンで歌っていたりビブラートをかけていたりと色々ありますが、まずはロングトーンがしっかりだせるようにするのがおすすめです。

また、ロングトーンが持ち味の曲は他にもたくさんあります。

ロングトーンを強みとしているアーティストは、ロングトーンの曲が多めの傾向があるので、探してみてくださいね。

ロングトーンが上手くできない人のためのコツと練習方法

ロングトーンが上手くできない・・・という人のために、バンドボーカル歴20年以上の私が試してみて効果的だった方法をご紹介します。

コツとしては、ロングトーンのまえにしっかりと息を吸っておくことです。

曲の構成によっては息継ぎをするところがない場合もありますが、ロングトーンを出すまえに、お腹に息がたっぷりとある状態を作るようにすると、余裕をもって発声できます。

また、息が長く続かない人は、毎日息を吐く練習をしてみると違ってきます。やり方は30秒息を吐くというのを10セット位やるだけです。

ポイントとしては、お腹を風船に見立てて、息を吸うと同時にお腹が膨らむのを感じ、頭の中で30秒数えながらお腹をへこませながら一定の息の量を吐いていきます。

最初は苦しくて酸欠になりそうになったりしますが、慣れてくると1分位は息を吐けるようになります。

息をコントロールして、一定の強さで吐けるようになれば、その動作に声を載せるときれいなロングトーンになります。

ロングトーンは、歌うことの基礎力なので、カラオケで上手に歌いたい人は、ぜひ身につけましょう。


体験レッスンあり。大人の音楽教室おすすめ8選

無料体験レッスンを受けたいなら、シアーミュージックが全国各地にありまして、様子は、シアーミュージックスクールの評判&口コミまとめをどうぞ。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
メニュー
ショッピングガイド