トップ お買い物の流れ SHOP紹介 支払・配送について 返品について カートを見る




歌謡曲歌い方上達法 > 歌の練習ができる場所8選!実体験に基づいた具体的な練習方法もご紹介

歌の練習ができる場所8選!実体験に基づいた具体的な練習方法もご紹介

外で歌う人

歌の練習がしたいんだけど、歌える場所がないので困っている・・・。大声で思いっきり歌える場所ってどこなの?

プロの歌手になることを目指している人だけでなく、カラオケが好きな人やバンドでボーカルをやっている人など、多くの人が悩んでいる問題ではないでしょうか。

実は、私もその一人です。若かりし頃は家の中で歌の練習をしていていつの間にか声が多きになってしまい、アパートの大家さんに注意された経験もあります。

それでも歌の練習はしたいですし、バンドメンバーに迷惑をかけるわけにもいかないので、試行錯誤して練習場所を探してきました。

その結果、おすすめできる練習場所として、外の場所と家の中の場所についてご紹介します。

歌の練習ができる場所【外編】

外で歌の練習ができる場所について、私の実体験をもとにご紹介します。

車の中

車の中は密室空間なので歌の練習がしやすいです。でも、住宅地の駐車場などすぐ近くに民家がある場合は要注意です。

車は金属ボディでできていますが、そこまで防音性が高いわけではないので、外に丸聞こえで恥ずかしい思いをする可能性があります。

私が実際にやってみてよかった方法としておすすめなのが、車で河川敷に行って人気のないところに駐車して歌の練習をすることです。

河原なので、車の外に出てもOKですが、なおかつ車の中であるならば、音に対する二重宅策ができていているので万全です。

ただの人気がないところで歌うだけだと、ジョギングや散歩中の人が突然現れたりするので、意外とソワソワして集中できません。この意味でも、車の中ならば安心して歌の練習ができるので最もおすすめの場所(方法)です。

公園

都市部にすんでいる人の中には車を所有していない人も増えてきました。そういう人たちにおすすめなのは、公園です。

徒歩や自転車などで行ける範囲のよさそうな公園を探しましょう。軽い運動は歌の練習のいいウォーミングアップにもなります。

よさそうな公園を見つけたら、曜日や時間を変えて人が少ない時間帯を狙うとよいです。

私は、夕食の時間帯に公園の隅のベンチで練習をしたことが何回かありますが、徒歩で40分近くかかるため、面倒になって辞めてしまいました。人がほとんどいなかったのと、誰かが近づいてくるのが見える場所だったので環境的には良かったのですが・・・・。

立地の良いところにほどよい公園を見つけられるかどうかがカギですね。

カラオケボックス

カラオケボックスで一人で歌の練習をすることは定番の方法ですね。

楽器演奏者やプロミュージシャンも、個人練習としてカラオケボックスを利用している人はたくさんいます。

でも、私はなんとなく落ち着けないのであまり好きではありません。なんとなく遊ぶところのイメージがあるので、気持ちがゆるんでしまいますが、特殊な例かと思います。

環境的にはしっかりと防音された個室なので、完璧です。一人カラオケを楽しむ人も珍しくないので、恥ずかしさや人目を気にすることもないでしょう。

一つだけデメリットを上げるとすれば、利用料金がかかるということです。料金が安くなる時間帯を調べて活用するのがよいですね。

スタジオ

個人練習用の狭いスタジオがあるとよいですが、なかなかないですよね。おすすめなのが、市や区が運営している公民館や音楽室です。

おやじバンドや高齢者の趣味のグループなどが利用していることが多いですが、場所によってはかなり充実した練習室が驚くほど格安で借りられたりします。

ただし、利用条件としてその市や区の在住者・在勤者・在学者などであることが必要な場合がほとんどです。

私が以前利用していた音楽練習室は、一人ではもったいないほどの広さでしたが、設備はいまいちでした。でもバンド練習をするわけではないので、キーボードを持ち込んで心置きなく歌の練習ができてとてもよかったです。

興味がある方はお住まいの市や区のホームページなどで調べるか市役所の窓口などで音楽練習をできる施設があるかどうか聞いてみるとよいですよ。

歩きながら

鼻歌を歌いながら歩いている人はよくいますが、そこそこの声の大きさなら歌の練習をすることもできます。

歩いているときは一か所にとどまっていないので音の苦情が来る可能性は低いですし、歩くペースに合わせて歌えばリズムをとりながら歌う練習にもなります。

歩くことで息が上がりやすくなるのですが、呼吸が乱れないように歌うことで、ライブの本番さながらの感じで練習ができます。

公園の周りや森の中のウォーキングやジョギングコースなど、周りの人に迷惑が掛からないようなところを歩きながら歌うのがよいですね。

歌の練習ができる場所【家の中編】

家の中で歌の練習ができる場所について、私が現在も行っている方法を含めてご紹介します。

角部屋

ワンルームマンションやアパートであったとしてもなるべく隣の部屋から遠い場所で声を出す方向も気を付けて練習するようにすると、ちょっとした歌の練習であれば文句を言われないことが多いです。

窓や扉をしっかりと閉めたり、壁に本棚などの家具を配置するなども防音の効果があります。

私が現在住んでいるアパートの隣の部屋に住んでいる方も音楽好きなようで、時々歌っている声が聞こえてきますが、おそらく壁に一番近いところで歌っていらっしゃるようです。普段の生活音はそこまで聞こえないので、部屋の中のどこで歌うかによる外への伝わり方はかなり違いがあると考えています。

これを踏まえて、私は隣の部屋から一番離れたところで歌の練習をするようにしています。今のところ、うるさいなどと苦情を言われたことはないので、大丈夫かと思っています。

ただし、マンションやアパートの住民には神経質な方や静かに過ごしたい方など色々な方がいます。どれだけ重厚なマンションに住んでいても絶対に大丈夫ということはないので、節度を守って音や声の大きさには注意することが大切です。

浴室

浴室は防水されている為、隙間が少ない設計となっているので防音性が多少はあります。特にシャワーを使っているときは、水が壁にあたる音に紛れて歌うとうるさく聞こえにくいです。

でも、家の設計によっては換気口からストレートに音が外に聞こえてしまっている場合もあるので注意が必要です。

浴室は、音の跳ね返りがよいのとエコー効果もあるので、いつもより上手に歌えているように聞こえるため気持ちがいいんですけどね。また、湿度もあるので声も出しやすいです。

雰囲気もボーカルブースのような密閉感なので、意外と悪くない練習場所です。

押し入れ

以前に隣室への音の伝わりが気になるアパートに住んでいた時は、押し入れの中に向かって歌の練習をしていたことがあります。

思いっきり声をだしたいときは、枕を口に当てて声を出していました。かなり歌いので、曲を歌うことは難しいですが、声出し練習位であればまぁできます。

横に仕切りがないタイプの押し入れ(クローゼット)であれば、中に入って練習するという方法もありですね。

私も試してみたことはあるのですが、真っ暗なのが苦手なのと、普段収納しているものを外に出すのが面倒で、少々かび臭い感じが気になりました。これらをクリアできるならば、スペース的にはかなりいい感じです。

DIYができるのであれば、中に電気をつけて明るくしたり防音シートを貼ったりしてよりよい歌の練習スペースを作ることも可能ですね。

まとめ

歌の練習場所探しは悩むところですが、少し我慢したり工夫したりすれば、身近なところにも練習できる場所があることがお分かりいただけたかと思います。

そんなに大きな声を出さなくても、歌の練習でできることはたくさんあります。

小さめの声でも、音程や声量をしっかりとコントロールできるように練習することが大切です。

基本的には、声を思いっきり出す練習は、音楽スクールを利用するなどして、家では限られた場所・時間でできることをやるというのが効率がよいです。

大事なのは、練習続けることですので、ご紹介した場所を参考にして、自分のやりやすい歌の練習場所を確保しましょう。


体験レッスンあり。大人の音楽教室おすすめ8選

無料体験レッスンを受けたいなら、シアーミュージックが全国各地にありまして、様子は、シアーミュージックスクールの評判&口コミまとめをどうぞ。

ショッピングガイド