トップ お買い物の流れ SHOP紹介 支払・配送について 返品について カートを見る




歌謡曲歌い方上達法 > カラオケを歌う前にやってはいけないこと&NG飲み物

カラオケを歌う前にやってはいけないこと&NG飲み物

カラオケを歌うカップル

カラオケを歌う時に、「今日は調子がいいな」という時と「なんだかいつもより声が出にくいな」という時がありませんか?

そんな時は、知らず知らずのうちに歌う前にやってはNGなことをしてしまっている可能性があります。

カラオケが苦手な人はこれを知っておくだけで上手く歌えるようになるかもしれませんし、歌が好きでよくカラオケに行く人はそのまま続けていると喉を傷めてしまうリスクを抑えることができます。

喉は意外とデリケートですし、ちょっとしたことで歌う楽しみは広げることができるので、カラオケを歌う前のNG事項はチェックしておいて損はありません。

長時間のデスクワークの後にいきなり大声で歌うのはNG

座った姿勢を長く続けていると体じゅうの筋肉が凝ってきて血流が悪い状態となります。

歌は運動などと同じく全身を使って行うものなので、いきなり歌って不可をかけることは体にダメージを受けますので良くありません。

歌う前にはストレッチをすることが大切です。

ステージに立つボーカリストであれば、本格的なストレッチを行ってから歌うことは当然ですが、たかがカラオケに行くだけなのにあからかさまストレッチをするのはおかしく見えてしまうかもしれません。

そんな時は、「今日は肩が凝ったなぁ~」などと言いながら肩を回したり、少し遠回りしてウォーキングをはさみつつカラオケ店に行くだけでも違います。トイレに行ったついでに思いっきり色々な変顔をして表情筋をほぐすのもよいです。

人目を気にせずにストレッチができるようであれば、歌う時に使う筋肉まわりを中心に行うとよいよいです。

具体的には、首・肩・喉(舌)・お腹(腹筋)です。

首や肩は回したり前後上下に動かしましょう。舌は口の中で舌先で歯茎に触れるようにして舌を回したり、思いっきり舌を出したりします。腹筋は、息を吸ったり吐いたりするのイナわせてお腹を膨らましたりへこませたりを意識して行います。

歌う前に体が軽くて少しポカポカしているような状態が理想的です。

タバコを吸った後や吸いながら歌うのはNG

本格的に歌を歌うと酸欠になりそうなくらいに呼吸を行いますので、息切れを起こしやすくするタバコはNGです。

カラオケで歌う程度だとしても、タバコを吸うと数分でニコチンの血中濃度が上がり血管の伸縮作用が起こるので、声が出にくくなったり喉を傷つける可能性があります。

「タバコを吸って歌うと高い声が出やすくなる」という人もいますが、おそらく、リラックス効果による精神的なものだと思われます。

リラックスして歌うことは良いことですが、タバコによる他のリスクもありますので、できれば他のリラックス方法で声を出やすくする方がよいです。

お腹いっぱい食べた後に歌うのはNG

飲み会や宴会でたくさん食べた後にカラオケに行くというのはよくあるパターンですが、あまり食べすぎた状態で大きな声を出してうたうのはよくありません。

歌うためにはお腹周りをはじめとした体中の筋肉を使うので、消化不良を起こし、気分が悪くなったり吐きそうになったりする可能性があります。

食べた後すぐに走ると気持ち悪くなるのと同じです。

また、満腹状態ではお腹周りの筋肉を使うことが難しくなるので、上手く歌えないという人もいるでしょう。

カラオケ前にNGな飲み物は?

カラオケ前に飲むとよい飲み物のベストは、白湯または常温の水です

白湯は、湯気を喉の中に入れるようにすると緊張が緩和されるリラックス効果があります。適度に温めつつ声帯の周りの粘膜を湿らせることができるので、喉のとおりがよくなります。

NGな飲み物は、コーヒー・紅茶・緑茶などのカフェインが入っているものやアルコール類・炭酸飲料です。

カフェインが入っている飲み物は、利尿作用があるため体内の水分が枯渇して喉が渇きやすくなります。カラオケで酔い覚ましにウーロン茶を飲んでいる人はトイレに行く回数が増えたりしますよね。

私の体験として、失敗したなぁ~と思った飲み物は、特にウーロン茶とコーヒーです。

体質的なこともあるかと思いますが、これらは特に喉が渇きやすいように感じました。で、喉がカラカラになるので沢山飲みながら歌っているのに、いつまでたっても潤ってこないという悪循環。

しまいには、歌い続けることで喉が酷使されて締め付けられるような感覚になり、声が出にくくなってくる経験がありました。

お茶も水も大差ないと思ってのどを潤すためにお茶を飲んでいる人は、見直してみることをおすすめします。

炭酸飲料は、シュワーッとして美味しいですが、喉への刺激が強いのでカラオケで喉を使う時には控えるのがよいです。

また、炭酸はお腹が膨れるので腹筋を使いにくくなるという意味でも歌う前には避けたい飲み物と言えます。

それから、アルコールは声帯を充血させて炎症を引き起こす可能性がある飲み物です。利用作用もありますし、お酒に酔うと思うように体を動かせなくなったりもするので、デメリットがおおいです。

私は、アルコールを飲むと気分がよくなって大きな声を出したくなる・・・という気持ちは分かりますが、ちゃんと歌おうと思うと、足かせになることばかりなので、むしろ気分が悪くなります。

まとめ

カラオケを楽しむためには自分の思った通りに体が動かせることが大切です。

NG事項をしないように守って、体のコンディションを整えて、歌うことを楽しみましょう。


体験レッスンあり。大人の音楽教室おすすめ8選

無料体験レッスンを受けたいなら、シアーミュージックが全国各地にありまして、様子は、シアーミュージックスクールの評判&口コミまとめをどうぞ。

ショッピングガイド