トップ お買い物の流れ SHOP紹介 支払・配送について 返品について カートを見る


歌謡曲歌謡曲研究懐かしの洋楽 > サーフミュージック洋楽のおすすめ曲まとめ

サーフミュージック洋楽のおすすめ曲まとめ

サーファー 洋楽のサーフミュージックをまとめてみました。音楽の分類として、厳密にサーフミュージックというカテゴリーがあるわけではないので、サーファーや海に及びに行く人の区分にマッチするような曲ということになりますが、サーフィンをやっているアーティストなども含めて、海を連想させる曲を独自に厳選してみました。
元祖サーフミュージックと言えば、エレキギターのテケテケサウンドでしたが、最近では、まったりとしたロハスな雰囲気の曲や、アエアゲの曲、レゲエ調の曲など、幅広い曲が海で聴きたい曲として多様化してきています。
サーフミュージックファンであれば、今まで聞いたことのないテイストだけれど、気に入る曲もあるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。

男性ボーカル曲

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「Surfin USA」The Beach Boys(ザ・ビーチ・ボーイズ)

「Diamond Head」The Ventures(ザ・ベンチャーズ)

「Wipe Out」The Surfaris(ザ・サーファリーズ)

「Misirlou」Dick Dale and His Del-Tones(ディック・デイル・アンド・ヒズ・デルトーンズ)

「I'm Yours」Jason Mraz(ジェイソン・ムラーズ)

「Better Together」Jack Johnson(ジャック・ジョンソン)

「Just The Way You Are」Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)

「Waiting on the World to Change」John Mayer(ジョン・メイヤー)

「Glow」donavon frankenreiter(ドノヴァン・フランケンレイター)

「Diamonds On The Inside」Ben Harper(ベン・ハーパー)

「Dream Catch Me」Newton Faulkner(ニュートン・フォークナー)

「Hula Girl」Jake Shimabukuro(ジェイク・シマブクロ)

「Jeremy」Pearl Jam(パール・ジャム)

女性ボーカル曲

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「Bubbly」Colbie Caillat(コルビー・キャレイ)

「Love Love Love」Tristan Prettyman(トリスタン・プリティマン)

「Torn」Natalie Imbruglia(ナタリー・インブルーリア)

「Falling」Keahwiwai(ケアヒワイ)

「No one」Alicia Keys(アリシア・キース)

「Your Love」Nicole Scherzinger(ニコール・シャージンガー)

「It Won’t Stop ft.Chris Brown」Sevyn Streeter(セヴン・ストリーター)

「Stay (I Missed You)」Lisa Loeb(リサ・ローブ)

「Pineapple Princess」Annette Funicello(アネット・ファニセロ)

「Soak Up The Sun」Sheryl Crow(シェリル・クロウ)


ショッピングガイド