トップ お買い物の流れ SHOP紹介 支払・配送について 返品について カートを見る


歌謡曲歌謡曲研究 > 楽器をリサイクルショップで買うのはアリなの?

楽器をリサイクルショップで買うのはアリなの?

初心者ミュージシャン 楽器を弾けるようににあるには、なるべくたくさん触れて、練習をして慣れることが欠かせません。
でも、楽器って値段がそこそこするんですよね。普通に楽器屋で新品で購入するとン万円はするので、躊躇する人がほとんどでしょう。
ならば、リサイクルショップで買えばよいのでは?確かに、楽器を格安で売っているところってありますよね。新品に比べると破格の値段にびっくりで逆に不安になります。
そこで、楽器をリサイクルショップで買ってもいいかどうかについてまとめてみました。

楽器初心者のぶちあたる壁

youtubeで「弾いてみた動画」をみたりすると、自分もできるかな?と思ったりして、衝動的に楽器が弾けるようになりたいという気持ちがこみあげてくることがあります。

この気持ち、誰でも少しは分かりますよね?うぉーカッコイィィィという気持ち。

音楽は、一瞬で人を感動させる力もあるし、勘違い趣味的ミュージシャンを生み出してしまう力もあるのです。

で、私も、過去に衝動で楽器を買ったことがあります。まぁウクレレなので、1万円位だったかな。

誰でも弾けるウクレレの本も1冊だけ買って、3コードで弾けるような曲をいくつかやってみたものの・・・あっけなく、挫折しました。

つじあやのとか、ジェイク・シマブクロみたいに弾けるようになることをイメージしてたのですが、全く及ばず。

今ではほぼ、押し入れの収納ボックスにしまってあります。ケースはちょっとかび臭いかも。

結局、趣味で「楽器弾けます!」という程にも到達していませんが、年に数回は、引っ張り出して、弾いてみたりすることもあります。

なので、買ってよかったとは思っているんです。いつか急に弾きたくなって、熱中できる趣味として昇華するかもしれないですし、楽器のやり始めってこんなものでしょう。

なので、買ってよかったのです。(2回目)

いつでも触れる状態で弾いてみて初めて、指がどれだけ痛いかとか?思ったより音が小さいなとか響きがどうのとか、すぐに飽きちゃうなとかが初めてわかるのです。

幸いウクレレは安い楽器ですし、サイズも小さいので、気軽に買ってみることができましたが、ギター、キーボード、サックス、ドラムなどの大きくて高価な楽器になると、なかなか買ってみるまで至りません。

私の場合と逆で、買ってみたらすごくはまって大好きにな人もいます。とにかく、やってみたい楽器があれば手に入れることがスタートなのですが、その第一関門が難しいというのが、楽器初心者にとっての大きな壁です。

リサイクルショップで楽器を買う注意点

とりあえず試してみたいから、楽器を安く手に入れたい。ならば、リサイクルショップで買えばいいのでは?

だいたい、主要に駅には、リサイクルショップがいくつかあります。郊外型の店となると、楽器もたくさん扱っていたりしますね。各地域でおすすめのリサイクルショップが調べられるサイトもあるので、通っていればお目当ての楽器に出逢えることはあるでしょう。
http://mono-life.net/category/recycle-shop/

有名どころのリサイクルショップでは、ハードオフの店舗によって、楽器の取り扱いが多いところもありますね。

でも、リサイクルショップで楽器を買うのは、初心者にはあまり向いていないです。

理由は、弦がすぐに緩むとか、音がすぐにくるってしまうなどの、ちょっと使ってと分からない事が多いからです。

まれに、新品に近い初心者セットが売られていたりするので、掘り出し物はあるのですが、見た目がキレイであっても、良し悪しは分かりません。

初心者が悪い楽器でスタートするほど不幸なことはありません。変な音や変な癖が最初に身についてしまうと、なおすことが難しいですし、音楽の楽しさが分からなかったり、嫌いになってしまうことがあるからです。

でも、リサイクルショップに並んでいる楽器が悪いものばかりというわけではありません。

古くなって味のあるいい音がでたり、見た目は傷が多いけど、楽器としてはいいお得なアイテムがあったりもします。

なので、ある程度楽器ができる人が、2つ目に買いたい場合などにはいいでしょう。

新品で楽器を買うメリット

楽器がすこしできるようになると、自分の好みがわかってきて、新品で買いたくなったりするものです。

楽器屋で店員さんと話し込んでいる人なんかもよく見かけますよね。いろいろ調べたり聞いたりして、お気に入りの新品楽器を探すこと自体が楽しいことで、そうやって購入するのはいいですね。

初心者であっても、「これから始めたい」と店員さんに相談すれば、快く応じてくれるでしょう。これが新品楽器を買う事の一番のメリットです。

値段は高くなってしまうのですが、その分、「せっかく買ったのだから頑張って練習しよう」という気持ちの後押しにもなるので、多少の価格の高さも必要性があると言えるでしょう。

また、もし万が一、勝手は見たものの全然やる気に慣れない場合は、楽器専門の買取をしてもらう方法もあります。

楽器買取ネット

参考の買取価格を見てみると、数万円の値段がつくことも珍しくないので、早めに見切りをつけて手放すことも選択肢の一つでしょう。

リサイクルショップで買った楽器をリサイクルショップで買取してもらおうと思っても、高い買取価格は期待できませんが、しっかりと新品楽器を購入した場合は、楽器専門の買取サービスに出すことで、高価格の買取が期待できます。

まとめ

楽器初心者は、お金はかかりますが、「楽器を弾けるようになりたい」という気持ちが熱いうちに、新品楽器を買う事が、ちゃんと上達するための理想です。

買ってみて、だめだと思った時でも楽器買取サービスというセーフティーネットがあるので、結果としては、金額の損失はそれほど大きな問題ではないように思います。

一番大切なのは、気持ちと行動力ですね。頑張って楽器ができるようになれば、お金には代えられない喜びの一つになります。


ショッピングガイド