トップ お買い物の流れ SHOP紹介 支払・配送について 返品について カートを見る
歌謡曲歌謡曲研究カラオケ人気曲(男性の歌) > 【森山直太朗】のカラオケ人気曲まとめ

【森山直太朗】のカラオケ人気曲まとめ

森山直太朗のプロフィール

シンガーソングライターの森山直太朗は、母が森山良子で、義兄が芸人おぎやはぎの小木博明であることは有名です。 2003年に「さくら(独唱)」が大ヒットして、同曲でNHK紅白歌合戦に初出場を果たしました。 SMAPや石川さゆりに楽曲提供もしています。

森山直太朗の公式ホームページ:http://naotaro.com/

カラオケで歌うという表現は、本人の見た目も、イメージとして知っている事は大事です。 森山直太朗ってどんな人なのか?見た目が気になる。外見を見てみたい人は、こちらより写真をチェックしてみてください。
森山直太朗の画像検索結果
また、実際に歌っている姿やミュージックビデオを動画で見られます。
youtubeにて「森山直太朗」での検索結果

「森山直太朗」のカラオケ人気曲の独自調査によるベスト3

スポンサードリンク
スポンサードリンク

インターネットでの評判や書き込み、各種ランキング等を参考にした独自の調査によって、森山直太朗のカラオケ人気曲のベスト3を選んでみました。

第1位「さくら・さくら(独唱)」

国民的大ヒット曲。桜の季節になるとみんなで歌いたくなりますね。さくらとさくら(独唱)は、曲的には同じですが、カラオケで歌うには、独唱は聴かせる的な感じになるので、シチュエーションによって選ぶとよいでしょう。

第2位「夏の終わり」

「夏の終わり~」と歌い上げるファルセットが聞かせどころの曲。ノスタルジーな感じがいいですね。

第3位「花鳥風月」

2010年にリリースされた曲。土曜ワイド劇場のエンディングテーマとして使われました。

森山直太朗のカラオケ人気曲一覧

カラオケで歌われている森山直太朗の曲を一覧にまとめました。随時追加更新していきます。(50音順)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

うんこ

さくら

さくら(独唱) 

スノウドロップ

愛し君へ

夏の終わり

花 

花鳥風月

君は五番目の季節

今が人生~飛翔編~

若者たち

小さな恋の夕間暮れ

星屑のセレナーデ

生きてることが辛いなら 

生きとし生ける物へ 

太陽のにほひ

風になって

風唄 

風花

夢みたい~だから雲に憧れた~

恋しくて

カラオケで森山直太朗を歌う人々

カラオケで森山直太朗の曲を歌ってみた人たちの感想、歌ってみた動画や写真などを集めてみました。

カラオケはただ歌っていてもつまらない時がありますよね。そんな時は、森山直太朗のインパクトのある曲でパンチを聞かせると、場も盛り上がりそうです。

いい曲ですよね。こういうしっとりとして考えさせられる歌詞の曲も、カラオケでは聞きたくなる曲の一つです。

森山直太朗の曲はノリでごまかせないところがあるので、しっかりと一人で練習してから、みんなでのカラオケで披露するという人も多いと思われます。

男性編カラオケの人気曲ナビ

ショッピングガイド