トップ お買い物の流れ SHOP紹介 支払・配送について 返品について カートを見る


歌謡曲歌謡曲研究 > 1960年代のヒット曲・歌謡曲・カラオケ人気曲をまとめてみた

1960年代のヒット曲・歌謡曲・カラオケ人気曲をまとめてみた

1960年代と言えば、象徴的なのが東京オリンピックです。カラーテレビやテープレコーダーも登場して、生活の中に音楽があふれるようになってきた時代でした。 音楽業界では、日本とアメリカで大ヒットしたのが坂本九の「上を向いて歩こう」です。ビートルズも来日しました。 そんな時代にヒットした曲やよく流れていた歌謡曲をまとめてみました。

1960年

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「誰よりも君を愛す」松尾和子&和田弘とマヒナスターズ
「雨に咲く花」井上ひろし
「ステキなタイミング」坂本九
「アカシアの雨がやむとき」西田佐知子
「潮来笠」橋幸夫
「達者でナ」三橋美智也
「有難や節」守屋 浩
「再会」松尾和子
「悲しき16才」ザ・ピーナッツ
「あいつ」旗照夫
「月の法善寺横丁」藤島桓夫
「さすらい」小林旭
「ダイアナ」山下敬二郎
「一本刀土俵入り」三波春夫
「僕は泣いちっち」守屋浩
「メロンの気持」森山加代子
「月影のナポリ~TINTARELLA DI LUNA」森山加代子
「恋の片道切符」平尾昌晃
「黄色いさくらんぼ」スリー・キャッツ
「潮来花嫁さん」花村菊江

1961年

「君恋し」フランク永井
「スーダラ節」植木等・ハナ肇とクレイジーキャッツ
「王将」村田英雄
「北帰行」小林旭
「北上夜曲」和田弘とマヒナスターズ&多摩幸子
「銀座の恋の物語」石原裕次郎・牧村旬
「硝子のジョニー」アイ・ジョージ
「おひまなら来てね」五月みどり
「惜別の唄」小林旭
「無情の夢」佐川ミツオ(児玉好雄)
「悲しき街角」飯田久彦
「24,000のキッス」藤木孝
「コーヒー・ルンバ」西田佐知子
「禁じられた恋のボレロ」水原弘
「別れの磯千鳥」井上ひろし
「恋しているんだもん」島倉千代子
「武田節」三橋美智也
「パイナップル・プリンセス」田代みど
「東京ドドンパ娘」渡辺マリ
「ドント節」ハナ肇とクレイジーキャッツ

1962年

「いつでも夢を」橋幸夫&吉永小百合
「江梨子」橋幸夫
「ふりむかないで」ザ・ピーナッツ
「寒い朝」吉永小百合・和田弘とマヒナ・スターズ
「下町の太陽」倍賞千恵子
「湖愁」松島アキラ
「ハイそれまでョ」植木等(ハナ肇とクレイジーキャッツ)
「恋は神代の昔から」畠山みどり
「なみだ船」北島三郎
「若いふたり」北原謙二
「山男の歌」ダーク・ダックス
「五匹の子豚とチャールストン」おかあさんといっしょ
「ツイストNo.1」藤木孝
「電話でキッス」ダニー飯田とパラダイス・キング
「ジェニ・ジェニ」鈴木やすし
「コーヒー・ルンバ」西田佐知子
「琵琶湖周航の歌」ペギー葉山
「赤いハンカチ」石原裕次郎
「ルイジアナ・ママ」飯田久彦
「若いやつ」橋幸夫

1963年

「高校三年生」舟木一夫
「見上げてごらん夜の星を」坂本九
「浪曲子守唄」一節太郎
「美しい十代」三田明
「東京五輪音頭」三波春夫
「長崎の女」春日八郎
「なみだ船」北島三郎
「島のブルース」三沢あけみ・和田弘とマヒナスターズ
「恋は神代の昔から」畠山みどり
「霧子のタンゴ」フランク永井
「学園広場」舟木一夫
「想い出のダイアナ」スリーファンキーズ
「悲しきカンガルー」ダニー飯田とパラダイス・キング
「悲しきハート」弘田三枝子
「太陽の下の18才」伊藤アイコ
「ヘイ・ポーラ」田辺靖雄・梓みちよ
「シェリー」ダニー飯田とパラダイス・キング
「渚のデイト」弘田三枝子
「恋の売り込み」伊東ゆか
「エリカの花散るとき」西田佐知子

1964年

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「愛と死を見つめて」青山和子
「恋のバカンス」ザ・ピーナッツ
「幸せなら手をたたこう」坂本九
「皆の衆」村田英雄
「夜明けのうた」岸洋子
「アンコ椿は恋の花」都はるみ
「何も云わないで」園まり
「自動車ショー歌」小林旭
「涙を抱いた渡り鳥」水前寺清子
「君だけを」西郷輝彦
「お座敷小唄」松尾和子&和田弘とマヒナスターズ
「ウナ・セラ・ディ東京」ザ・ピーナッツ
「学生時代」ペギー葉山
「ワン・レイニー・ナイト・イン東京」和田弘とマヒナスターズ
「北風」北原謙二
「ワシントン広場の夜は更けて」ダニー飯田とパラダイス・キング
「マイ・ボーイ・ロリポップ」伊東ゆかり
「素敵な新学期」マイ・カップル(田辺靖雄&梓みちよ)
「ああ上野駅」井沢八郎
「ラ・ノビア」ペギー葉山

1965年

「柔」美空ひばり
「二人の世界」石原裕次郎
「女心の唄」バーブ佐竹
「知りたくないの」菅原洋一
「ラストダンスは私に」越路吹雪
「女の意地」西田佐知子
「愛して愛して愛しちゃったのよ」和田弘とマヒナスターズ&田代美代子
「赤いグラス」アイ・ジョージ・志摩ちなみ
「ごめんね…ジロー」奥村チヨ
「赤坂の夜は更けて」西田佐知子
「下町育ち」笹みどり
「さよならはダンスの後に」倍賞千恵子
「新聞少年」山田太郎
「涙くんさよなら」和田弘とマヒナ・スターズ
「兄弟仁義」北島三郎
「ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー」越路吹雪
「サン・トワ・マミー」越路吹雪
「悲しき願い」尾藤イサオ
「ウナセラディ東京」和田弘とマヒナ・スターズ
「ゴマスリ行進曲」ハナ肇とクレイジーキャッツ

1966年

「悲しい酒」美空ひばり
「君といつまでも」加山雄三
「絶唱」舟木一夫
「星のフラメンコ」西郷輝彦
「涙の連絡船」都はるみ
「バラが咲いた」マイク真木
「女のためいき」森進一
「兄弟仁義」北島三郎
「函館の女」北島三郎
「いっぽんどっこの唄」水前寺清子
「柳ヶ瀬ブルース」美川憲一
「ラブユー東京」黒沢明とロス・プリモス
「旅人よ」加山雄三
「こまっちゃうナ」山本リンダ
「骨まで愛して」城卓矢
「恍惚のブルース」青江三奈
「霧氷」橋幸夫
「ほんきかしら」島倉千代子
「お嫁においで」加山雄三
「恋のフーガ」ザ・ピーナッツ

1967年

「ブルー・シャトウ」ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
「夜霧よ今夜も有難う」石原裕次郎
「世界は二人のために」佐良直美
「小指の想い出」伊東ゆかり
「恋のハレルヤ」黛ジュン
「僕のマリー」ザ・タイガース
「君こそわが命」水原弘
「雨の銀座」黒沢明とロス・プリモス
「真赤な太陽」美空ひばり・ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
「命かれても」森進一
「風が泣いている」ザ・スパイダース
「花と小父さん」伊東きよ子
「この広い野原いっぱい」森山良子
「いとしのマックス」荒木一郎
「好きさ好きさ好きさ」ザ・カーナビーツ
「君だけに愛を」ザ・タイガース
「モナリザの微笑」ザ・タイガース
「バラ色の雲」ヴィレッジ・シンガーズ
「忘れ得ぬ君」ザ・テンプター
「君に会いたい」ザ・ジャガーズ

1968年

「星影のワルツ」千昌夫
「帰って来たヨッパライ」ザ・フォーク・クルセイダーズ
「恋の季節」ピンキーとキラーズ
「小樽のひとよ」鶴岡雅義と東京ロマンチカ
「恋のしずく」伊東ゆか
「花の首飾り」ザ・タイガース
「ゆうべの秘密」小川知子
「シー・シー・シー」ザ・タイガース
「伊勢佐木町ブルース」青江三奈
「新宿そだち」大木英夫&津山洋子
「盛り場ブルース」森進一
「小さなスナック」パープル・シャドウズ
「思案橋ブルース」中井昭・高橋勝とコロラティーノ
「エメラルドの伝説」ザ・テンプターズ
「霧にむせぶ夜」黒木憲
「天使の誘惑」黛ジュン
「神様お願い」ザ・テンプターズ
「夕月」黛ジュン
「君だけに愛を」ザ・タイガース
「花と蝶」森進一

1969年

「夜明けのスキャット」由紀さおり
「港町ブルース」森進一
「ブルーライト・ヨコハマ」いしだあゆみ
「恋の季節」ピンキーとキラーズ
「黒ネコのタンゴ」皆川おさむ
「禁じられた恋」森山良子
「池袋の夜」青江三奈
「長崎は今日も雨だった」内山田洋とクールファイブ
「時には母のない子のように」カルメン・マキ
「長崎ブルース」青江三
「グッド・ナイト・ベイビー」ザ・キング・トーンズ
「風」はしだのりひことシューベルツ
「涙の季節」ピンキーとキラーズ
「年上の女」森進一
「恋の奴隷」奥村チヨ
「君は心の妻だから」鶴岡雅義と東京ロマンチカ
「人形の家」弘田三枝子
「今は幸せかい」佐川満男
「仁義」北島三郎
「知らなかったの」伊東ゆかり


ショッピングガイド