トップ お買い物の流れ SHOP紹介 支払・配送について 返品について カートを見る
歌謡曲歌謡曲研究 > 年代別ヒット曲

年代別ヒット曲

スポンサードリンク
ヒット曲をさかのぼるとその年代、その時代のことが蘇ってくるものです。 当時を振り返りながら、思い出に浸ってみましょう。
2000年代にはIT革命が進んだ時代でした。iPod、iPhoneやWiiなどの人気商品が発売されたりする一方で、個人情報保護法が施行されたりと、新しい時代への対応で新たな問題も浮き彫りになってきたころです。
1990年代と言えば、CMの登場によってデジタル音楽の発展が著しく遂げられたことがあげられます。 小室哲哉のような音楽プロデューサーの存在があらわれ、大量のヒット曲が作られていくようになり
1980年代は、昭和の最期の期間です。松田聖子をはじめとしたアイドル全盛期で、竹の子族や漫才ブーム。テレビ番組では「オレたちひょうきん族」や「笑っていいとも」などが始まり、 明るく、笑いに溢れていた時代でした。海外からのアーティストでマドンナやマイケルジャクソンも来日しました。そんな時代にヒットした曲やよく流れていた歌謡曲をまとめてみました。
1970年代は衝撃的な出来事も多かった時代でした。よど号ハイジャック事件、あさま山荘事件、ロッキード事件第二次オイルショックなど。 世界の音楽業界では、ビートルズの解散がありました。日本では、いまだ破られないレコード販売枚数の日本記録として「およげ!たいやきくん」がリリースされました。
1960年代と言えば、象徴的なのが東京オリンピックです。カラーテレビやテープレコーダーも登場して、生活の中に音楽があふれるようになってきた時代でした。 音楽業界では、日本とアメリカで大ヒットしたのが坂本九の「上を向いて歩こう」です。ビートルズも来日しました。
1950年代には、ラジオにてHNKの紅白歌合戦の第一回が行われました。ここから日本の音楽業界がどんどんと華やかな時代に突入していきます。
ショッピングガイド